リトカ知育保育園とは

赤ちゃんからの英才教育

近年欧米では、赤ちゃんの英才教育は0歳からが重要だと言われており、脳は生まれてから3歳までに1番発達するとされています。

当園では、できるだけ子供の才能を伸ばしてあげたいと考えており、0,1,2歳を中心に「英才教育、英語、知育、右脳開発、勉強」に力を入れております。

右脳開発の重要性

右脳は創造力や表現力、左脳は言語や計算能力を担っています。

あまり言語能力が発達していない3歳までは、右脳が急速に発達するといわれているので、右脳開発が重要になってきます。脳が急成長する赤ちゃんの時期に、右脳(想像力や直観力)を鍛えられることによって、子供の才能や成長、将来に、大きく関わっていくこととなるでしょう。

英会話の取り組み

赤ちゃんは生後2か月ごろから、耳から日本語をたくさん聞き取っている力を持っています。

生後10か月ごろから言葉の意味を理解しはじめています。

英語の耳も同時に発達させておくことで、英語が身近な存在になり、理解もしやすくなります。

英語は将来、就職や夢に多大な可能性を広げてくれます。

赤ちゃんのうちから英会話を習わせたいと考えている親御さんも多くいらっしゃることでしょう。

リトカ知育保育園では追加料金などなく積極的に英会話教室も取り入れており、人気のひとつとなっております。

授業風景

もちろん、ストレスのない環境で赤ちゃんに「勉強」を楽しんでもらうことが一番大切です。

厳しい教育というよりは、勉強を楽しんでいただく環境づくりを行っております。

赤ちゃんからの教育には親御さんも一緒に取り組むことが大切ですので、是非おうちでもさせてあげてくださいね。

見学・お問い合わせ